• ホーム
  • 事業内容

事業内容

  • 事業内容
  • 農業資材事業
  • 農産関連事業

農業資材事業

現在、日本の農業全般が厳しさを増している中で、生産者のニーズに応え、消費者の声に耳を傾けるきめ細かい対応が求められています。
農業資材事業では、全国300を超える特約店・地域販売店による販売網と共に、弊社で培った肥培管理技術を紹介しながら、あらゆる肥料・土壌改良材含む農業資材を全国津々浦々の生産者まで安定供給しています。

農業用肥料・土壌改良材

前身の三井物産肥料部国内室の時代から一世紀にわたり、当社は日本の農業に欠かせない肥料製品を全国に安定供給してきました。
三井物産アグロビジネスとなった今でも、その中核をなしている事業が国内肥料販売です。全国300店舗を超える特約店と共に、国内外優秀メーカーの豊富な商品群を取り揃え、生産者の皆様方のあらゆるご要望に迅速にお応えしています。

芝生用肥料・資材

都市緑化の校庭緑化 Jリーグスタジアム、ベースボールスタジアム、 陸上競技場等や学校の校庭緑化し使用される天然芝は 美観・環境・ヒトに高い効果を発揮します。
その芝生化に必要な芝生・肥料を始めとした特長の有る 各種管理資材を販売しています。

緑化環境分野では、改良コウライ芝「TM9(トヨタ自動車開発)」の代理店として全国販売を行い、公共緑地や家庭の芝生向けに全国各地のホームセンターを通じて販売しております。また、ゴルフ場やJリーグスタジアム等の天然芝向け管理資材の販売も手がけております。

トヨタ自動車が開発した省管理型コウライ芝「TM9」

TM9は成長が従来のコウライ芝の1/3と遅く芝刈り作業の 省力・刈カスの減量・肥料の削減と環境負荷を低減できます。
また美観にも優れており、公共工事・企業緑化や 一般家庭等で広く採用されています。

トヨタ自動車が開発した省管理型コウライ芝「TM9」
環境改善植物
環境改善植物

トヨタ自動車が開発した植物は同種の従来品種と比べ二酸化炭素の吸収量が多く大気浄化能力・ヒートアイランド現象の緩和に効果があります。

肥料原料・各種資材の輸入

日本国内向けの肥料・土壌改良材製品販売と併せて、全国の肥料製造会社向けに肥料原料の販売も手掛けております。国内にとどまらず、海外からも輸入し、肥料原料・土壌改良材の販売を行っております。主な輸入資材は、北米や北欧から培養土や土壌改良に必要なピートモス、アジアからリン酸肥料など、新たな資材調達確保に向け積極的に取り組んでおります。また、畜産用飼料の牧草をアメリカなどから輸入し、日本各地の畜産家の元へお届けしております。

肥料原料・各種資材の輸入

新しい事業として、国内の未利用資源の開発を手掛けております。 未利用資源の有効活用を行い、 全国の製造メーカーと共同開発し、販売を開始しました。 今後は、さらに新たな農業資材の商品化を目指して参ります。

農産関連事業

農産物は外食産業やスーパーなどの量販店のみならず、あらゆる「食」に関する産業で、年間を通じ常に安定した供給と競争力が求められています。
三井グループ独自の全国ネットワークとノウハウをフルに活かし、そのニーズに応えるのが当社の農産物事業です。
気候の変動に左右される農産物を安定供給し、競争力を持った製品をお届けするのは、恒久的なニーズであると共に極めて難易度の高い仕事です。
当社が培ったネットワークを活かし、三井グループ全体の総合力をも活かしてそのニーズに応えて参ります。

コメ事業

コメ事業

日本人の主食の「お米」では、北海道から九州まで全国のコメ産地から仕入れ、取引先のご要望に併せて、ご希望の銘柄をお届けしております。

青果物事業

青果物事業

野菜では、当社はネットワークを活かし、ご希望の銘柄を全国の産地から集荷し、安定供給を実現するために各地の産地と連携を取り、必要な量を必要な場所へお届けできる体制を構築しております。
最近では大口のお客様に対しては共同での産地開拓を提案しその物流をサポートしております。当社の販売網を活かした「地産地消」、首都圏に対する独自の「産地直送」ビジネスを展開し始めております。

生産者直売事業

生産者直売事業

「生産者直売事業」の取り組みは、旬の野菜を量販店の売り場を借りて食卓へ繋ぐビジネスモデルです。
近郊農業の活性化ととれたて野菜の供給を行った結果、農家と消費者の両方にメリットが高い取り組みとして注目されております。今後さらに展開を期待できる事業です。